融資と財政のバランスについて

融資と財政のバランスについて

我が家の財政が厳しい時にローン融資がありがたい

我が家の家計は女房に任せているのですが、収入よりも支出が多い時には財政状況が極めて厳しくなります。予想外の出費というのは冠婚葬祭だけでなく家族が生活していく上で起こりうることです。それを見越して貯蓄ができる余裕があれば問題はないのでしょうが、我が家に限って言えばそれは不可能です。ほぼ毎月ギリギリか赤字で推移しているからです。光熱費の支払いは滞り気味になり、まとめて支払うようなやり繰りを女房が頑張ってくれているのです。それでも、どうしても税金や光熱費などの支払いに回すお金が不足しているような時には、銀行やクレジット会社のフリーローン融資がとても助かるのです。自分の預金残高と勘違いしてしまうことがあるのですが、預金残高はもともと無いに等しいのですから、数十万もの融資可能残高があるとウキウキしてきます。女房が困っている時には、私が持っているクレジットカードでキャッシングをして数万円を渡すことがあります。そして、支払いをしてもらうのです。気を付けなければならないのは、預金と違って借金になるのですから、当然支払いをする月が巡ってくるということです。それまでに抜本的な収入の改善が見込めるなら悲劇は訪れないのでしょうが、ほとんどの場合、そのような家計のやり繰りをしているといつか限界が訪れます。いわゆる多重債務というものです。こうなれば、もはや宝くじでも当たらない限りは改善は見込めないと思った方が間違いないです。私の場合は、まだボーナスに期待をしたり、副業で少しずつ収入が増えたりしているので、何とか大けがをしないうちに借金体質からの脱却をしたいと思っているのです。

オススメワード

  • 鎌田和彦についてはこちらのサイトが便利です。