融資と財政のバランスについて

融資と財政のバランスについて

国の財政の融資と個人の関係

私たちが銀行やそのほかの金融業者から借りれする場合その資金の流れの根本は政府が保証している紙幣や硬貨などですが、その流れをコントロールしているのが政府の金融対策ですね。日銀からですがそれにより、景気もコントロールされ私たちの経済活動もそれによりスムーズにいくか苦しむかも決まってくる部分が大きいと思います。水槽の中の金魚のようなもので、その中で生かされているとも言えます。その基盤があるからこそ生活も出来、借入れもでき事業なども大きく出来るということですが、具体的には政府の財政政策が中小企業の救済や優遇、発展に力を入れていれば、財政の融資などで間接的に資金が中小企業などにまわってきて借入れや返済が楽になるということになり、仕事がしやすくなります。これは私も経験していますが、中小企業の振興策が打ち出された時には、融資の金利が公的な機関から半額保障され返済がとても楽になりました。具体的には3%の金利の半分を補助してもらい1,5%ぐらいの返済で数百万を借りられたのです。その時は本当に助かりましたが、国の政策がそのようになるとその補助を受ける人々や会社はとても助かるのですね。それが間接的な財政の融資の力なのです。財政の融資の貸付先は公社や公団、地方公共団体などですが、そこを利用する私たちが結局は間接的に借りているということになるわけで、そのこともとても重要ですね。個人への色々な手当てなどにも利用されるというわけです。政府の政策は個人のとってもとても重要だということですね。

オススメワード